機械式時計のメンテナンスはどうすれば良いの?3つの手入れを意識しよう

毎日使い終えたら汚れを拭き取ろう

機械式時計のメンテナンスが難しいと考えているならば、実際には毎日使い終えたら柔らかい布で拭くだけと聞くだけで驚くはずです。なぜなら、日常的なメンテナンスとして求められているのは、あくまでも汚れを蓄積させないということに限られるからです。機械式時計は内部構造に対するメンテナンスを個人で行うことは困難であって、時計職人に任せるしかありません。毎日汚れを拭き取る際に異常を見つけたら、時計職人の所へ機械式時計を持ち込むことが重要です。

3年に1度はオーバーホールする

機械式時計で必ず行わなければならないオーバーホールは、目安として3年に1回程度のペースで専門の時計職人へ任せる必要があります。機械式時計内部のパーツを一度分解した上で摩耗箇所の修繕を行い、潤滑油を塗布して組み上げて動作確認を行うといったメンテナンスです。オーバーホールを行う周期が3年程度に1回となる理由は、内部の潤滑油が劣化して機械式時計が遅れ始めるタイミングが3年程度となるからです。

実は毎日使い続けることが大切

機械式時計にとって毎日できるメンテナンスは表面を綺麗にすることですが、実はリューズを毎日一定回数巻き続けることがメンテナンスに繋がります。機械式時計は内部のゼンマイが解ける力のみを使って振り子を動かすので、ゼンマイが常にある程度巻かれている状態が望ましいです。腕時計タイプならば自動巻きが普及しているからこそ、日常動作で毎日ある程度ゼンマイが巻かれている状態を維持することだけでもメンテナンスをしっかり行っていることになります。

オーデマピゲは、世界でも有数の高級時計メーカーで、その製品の精密さや洗練されたデザインに、世界中の多くの人々が魅了されています。