利便性だけでなく健康面も!?電子タバコと普通の煙草の違い

普通のタバコと電子タバコでは煙の性質が違う

普通のタバコは乾燥した煙草の葉を燃やして煙を出しています。この煙にはニコチンやタールが含まれており、中でもタールは煙が当たった部分にヤニが染み付く原因となっています。電子タバコでの煙はリキッドと呼ばれる専用の溶液を蒸発させる事で起こす煙なので燃焼は行っておらず、したがってタールが発生しないのでヤニなどの心配もありません。また普通のタバコでは燃やしている部分から直接立ち上る副流煙と、フィルターを通して口へ吸い込まれていく主流煙の2種類があります。この内副流煙はフィルターを通していないのでタールも多く含まれており、受動喫煙によって喫煙者以外にも悪影響を与えてしまう問題があります。

喫煙できる味の種類や自由度も違う

タバコにはミントのようなスッキリした香りのメンソールや、甘い香りのするものなど様々な種類があります。基本的には一箱の中身はすべて同じ味なので同じ味を長く吸うことになります。この点は電子タバコでも同じで甘い香りからメンソールの爽やかな香り、ややビターな香りなど様々なフレーバーのリキッドが用意されています。しかしこれらのリキッドを混ぜ合わせて楽しむことは電子タバコにしか出来ないでしょう。リキッドだけでもたくさんの種類がありますが、自分好みの配合で新しい味を作る事が出来るため非常に味の自由度が高いのです。また基本的に薬事法に抵触するためニコチン入りのリキッドは日本国内で買うことは出来ませんが、通販サイトを使って海外から個人輸入を行えば手に入れることができます。

ニコチンリキッドが女性に選ばれている理由は、バニラやフルーツといった紙タバコでは無かった種類のフレーバーがあるからです。